8月 31 2012

18Kとは

24分率で、金の純度については表現が行なわれています。18Kであるとか、18金、18/2といった場合には、これはその金は75%の純度であるということになります。

2月 05 2013

プラチナ(白金)の主要産出国

主に産出国として知られているのはアフリカ共和国や、ロシアなどがあります。南アフリカに偏在するレアメタルといわれる金属の中でも、非常に希少性の高いものであり、地殻1トンごとに0.001グラムという産出量になっています。これが1kgになると、2010年の時点では価格は5.2万ドルにもなっていました。
Read more »

1月 30 2013

プラチナ(白金)とは

白金は、platinumという金属で、原子番号では78にあたります。元素記号はPtです。白金族元素の一つである金属です。
白金、という言葉が学術的には正しい言葉なのですが、日常語ではあまり使われることがありませんね。
Read more »

1月 23 2013

金とプラチナの値段差

金もプラチナも、どちらも宝飾品として使われることもあり、工業用金属として使われることもあり、需要が高い金属であるといえます。人気の高いプラチナと金ですが、市場価格としては現在のところ金よりもプラチナのほうが値段が高くなっています。
では、なぜプラチナという金属は金よりも高価になっているのでしょうか。そこには複雑な理由も存在していますが、最もわかりやすい理由としては、金とプラチナの発掘量の問題が挙げられるでしょう。プラチナという金属は、金に対して非常に発掘量が少ない金属なのです。
Read more »

1月 16 2013

金の通貨・投資対象としての利用

・換金性が高い金属である。
・金そのものが価値を世界で認められている実物資産である。
・幅広い取引が行なわれており、世界では24時間常に取引されている。
・インフレに強い。
・信用リスクと無縁なものである。
・所有していても税金がかかることがない。
Read more »

1月 09 2013

金の純度

金は、24分率によってその純度を表現します。24金の場合には純金、24カラット、24Kという表現もあります。金の含有率が、この数字によって表されているのです。18金という言い方もありますが、これはつまりその純度は18/24、つまり75%ということです。装飾品の場合、750という刻印が押されています。
ここでカラット、という言葉がありますが、これは宝石において重量を表現しているcaratとは違う、Karatという言葉です。
Read more »

12月 27 2012

日本の金

マルコポーロの旅行記でもいわれていましたが、日本という国は古くから有名な産金国だったのです。河原に体積していた砂金を集めていたというものもありましたし、金売吉次も砂金を扱っていました。
Read more »

12月 20 2012

金メダル

オリンピックにおいては、優勝者に対して金メダルが贈呈されるということはご存知だと思います。しかし、この金メダルというのは、実は純金というわけではないのです。
オリンピック憲章に定められている定義としては、純度92.5%以上の銀製のメダルに対して、表面に6g程度の金メッキを施したものになっています。
Read more »

12月 13 2012

金宝飾品消費上位国

1.インド
2.アメリカ
3.中国
インド人によって、金という物質は崇高なものとして扱われているようです。中国では、経済が発展した影響で宝飾品の購入が広まってきています。最近では、宝飾品だけではない、金そのものの性質を利用することで、電子部品といった工業用品として使われるということも多くなってきているようですね。

2月 13 2013

プラチナ(白金)の歴史

最も古い時代では、古代エジプト第18王朝時代に、ファラオが装身具としてプラチナを使っていたという記録があります。現存するプラチナの製品としては、ルーブル美術館に収蔵されているテーベの小箱、といわれるものがあります。
Read more »